お客様の声

「ジャーナリスト松田隆 公式サイト」及び、その後継サイトである「令和電子瓦版」の制作をさせていただきました。松田様は法律関係をベースに政治、社会、文化、スポーツ等様々なジャンルで活動をされ、弁護士ドットコムニュースや月刊PHPなどで執筆されています。現在はニュース&オピニオンサイト「令和電子瓦版」を主宰されています。

お客様の声

ビジネスの理想形から逆算しするサイト構築

オフィスレゾネイトさんとのお付き合いは2017年10月に始まりました。最初に個人サイトである「ジャーナリスト松田隆 公式サイト」(2017年11月13日~2020年4月6日)を、それをベースにしたニュース&オピニオンサイト「令和電子瓦版」(2020年4月6日~)を制作していただきました。2年半の間に2度ほどマイナーチェンジもお願いしています。
最初に依頼をしたのは、過去の制作実績からサイト制作のセンスの良さを感じたからです。その後、サイトの改良と新サイト制作を依頼したのは、ビジネスの観点からサイトがもたらす効果を最大限にするよう逆算してサイト構築をしていく舩越玲子代表の能力に魅力を感じたからです。

■最初は名刺代わりもPV増加でビジネス化を模索

私は2017年10月、個人の情報発信ツールとしてのサイト、いわばジャーナリストとしての名刺代わり程度の意識で制作を依頼しました。ところが、次第にPVが増えてきたことでビジネス化への道を模索することになります。
そのような状況下で、広告導入のノウハウやPVアップ、ユーザーの使い勝手を考えた改良、制作について数々の提案をいただきました。その提案に沿って改良を重ね、最終的に「ジャーナリスト松田隆 公式サイト」は7か月で40万以上のPVを稼ぐ、この種の個人のサイトとしてはかなりの成功と言っていい結果を収めることができたのです。
ニュース&オピニオンサイトの「令和電子瓦版」は、前サイトのような名刺代わりではありません。旧来のメディアにはない、聖域なき批判を実践することで社会に貢献し、それをビジネス化することを目的としています。そのため「綺麗なサイトですね」程度の仕上がりではお話になりません。

■将来の海外進出に備え「今から種を蒔こう」

舩越玲子代表にはそうした考えを伝え、それを実現するために細かい点を詰めていきました。私が大まかなコンセプトを示し、それがユーザーにはどう映るか、どのようにユーザーにアピールできるかという点を踏まえてミーティングを重ねました。
「令和電子瓦版」には翻訳機能が付いています。これは将来、記事を英語、中国語に翻訳して米国、中国等でPVを稼ぐプランを舩越玲子代表にも伝えており「今から翻訳機能を入れて種を蒔いておくべき」というアドバイスをいただいた結果です。
また、予算については補助金制度についてもその制度や運用について情報をいただくなど、細かい点までサポートしていただきました。

■MBA学位など様々な資格・経験に基づくサポート

そのようにして出来上がった「令和電子瓦版」はビジュアル面でも機能面でもイメージを通りと言うよりもイメージを超えるものでした。その仕上がりの良さは、実際にご覧になっていただければお分かりいただけるでしょう。公開開始直後からPVは好調で、ビジネス化へ大きな一歩を踏み出すことができました。
こうしたサポートをしていただけたのも舩越玲子代表がMBA学位を有し、中小企業診断士、ITコーディネータの資格を有していたからこそでしょう。新聞記者出身で法律しか勉強していない私には、 経営の観点からのアドバイスの1つ1つが新鮮な驚き・感動でした。
現代社会において自社サイトの果たす役割は非常に大きくなっています。それによって会社の浮沈が決定する部分もないとは言えません。サイト制作をどこに依頼するかを簡単に考えるべきではなく、真に信頼できる相手に頼むべきです。オフィスレゾネイトさん・舩越玲子代表に出会えたことは、手探りの状態でジャーナリストとしての活動を続けていた私にとって僥倖であったと言っていいでしょう。
(ジャーナリスト・令和電子瓦版主宰 松田 隆:https://reiwa-kawaraban.com)

「いいね!」で最新情報を確認